あまりよくないつけ方|子供の名前は一生もの!名前のつけ方を間違えないようにしよう!

子供の名前は一生もの!名前のつけ方を間違えないようにしよう!

あまりよくないつけ方

四ツ葉のクローバー

日本人の名前にも実際には流行り廃りといったものがあったりします。たとえば昔の人だったらカタカナの名前があったり、あとは一般的に「〜子」といった最後に子がつくタイプの名前もよく女の子の間では流行っていました。しかし最近ではめっきり見かけずらくなった漢字だと言えるかもしれません。そして時代は移り変わり今では「キラキラネーム」や「DQNネーム」と呼ばれるような名前が知られるようになりました。これは日本人につける名前としては非常にインパクトがありかつ個性的ですが、一方でいろんな意味でのトラブルも発生する可能性がある名前のパターンだと言えます。なぜならキラキラネームなどは主に「アニメや漫画のキャラクター」から取って名前をつけるからです。もちろん作品によってはまともな名前も当然あると思いますが、たとえばどう考えても人間につけるべき名前ではないような名前をつけたりする親もいます。アニメに出てくるモンスターの名前をかっこいいからといってそのまま子供につけてみたり、漫画に出てくるロボットがカッコイイからといってロボットの名前を取ってくる人も実際にはいるのです。もちろんそのままの状態では使えないので当然無理やり漢字に当てはめていきます。はっきり言ってキラキラネームなどの部類は付けられる子供の立場としては非常に不愉快だと言えるでしょう。将来大きくなったときに自分の名前のせいでイジメにあったり、他人からなかなかスムーズに呼んでもらえず苦労することが目に見えてきます。あなたが子供のことを本気で思うのなら、無暗にキラキラネームなどは使わないようにするべきでしょう。