考え方をまず決めよう|子供の名前は一生もの!名前のつけ方を間違えないようにしよう!

子供の名前は一生もの!名前のつけ方を間違えないようにしよう!

考え方をまず決めよう

虫眼鏡を持っている男性

いくつか子供の名前を考える際に、基準となるものが必要です。その基準がブレていると当然良い名前なんて思いつきませんので、具体的にどのような基準で世間の人は子供に名前を付けているのか?という話をしていきましょう。やはり一般的には将来への想いを込めた漢字を利用される場合がほとんどだと言えます。あなたが自分の子供に対しどのように生きて行ってほしいのかをまずはよく考えてみてください。そしてそこから関係する漢字をいくつかピックアップしていけばいいのです。たとえば将来は優しい子供になってほしいなぁと思うなら「優」という漢字が良いと思いますし、強くたくましく勇敢に生きてほしいと思うのであれば「勇」という漢字を名前に入れてあげても良いでしょう。このように考えていけば簡単に名前の候補はポンポンと出てくるはずです。また他にも一般的には「季節に関係」する漢字を入れる人も多くなってきています。日本には四季があり、当然子供は四季のいずれかのタイミングで生まれてくるわけなので、その季節にぴったり合った漢字を取り入れるのもおすすめです。たとえば秋だったら涼しい風を連想したりできますし、夏についてはそのまま「夏」という漢字も名前に使えますよね。女の子だったら「千夏」とか「彩夏」といった形でいろんなバリエーションで夏という漢字を使うことができます。季節から来る漢字は日本人の名前としてすごく利便性も高くオシャレな名前になりやすいので、名前がうまく決まらない場合は是非季節から取って考えてみると良いでしょう。